合宿免許で免許再所得のメリット

合宿免許で一度失効した免許再取得を行う人も少なくありません。

学生時代に免許を取得したものの、社会人になってからは時間に追われ、結局免許は失効。

限られた時間の中で再取得を行うとしたら、合宿免許は短期間に集中して免許をとってしまうことができて便利です。

合宿免許のメリットは、最速で免許をとれること。

費用も宿泊費などを含めても、通学免許よりはお得です。

確実に免許を取りたい、限られた時間で効率良く取りたいとなれば、合宿免許がベストでしょう。

半月ほどで取れるので、夏休みを利用したり、就活中などでも受けられます。

2週間、日頃なじみのない場所へ旅行気分で出かけて、楽しみながら免許取得をがんばるのもいいですよね。

パック料金なので予算が立てやすく、教習、宿泊、食事、交通費がコミコミでお得です。

失効した免許を取り直すとなると、面倒な気持ちが先に立ちますが、合宿免許ならイベント気分で出かけられます。

再所得の人は、欠陥期間や、処分者講習を受けたかどうかで再所得の手順が違ってきますから、確認をしてから手続きを行います。

違反点数が多く免許が停止処分になっている場合は、停止期間中は運転ができません。

他の免許所得もできません。

しかし停止期間中でも更新手続きが来る場合には、更新の手続きをしなければ、免許は失効します。

失効した場合は、やはり運転資格がなくなってしまいます。

失効して6か月以内の場合と、6か月から1年以内では手続きが変わります。

要注意です。